法人クレジットカードの審査内容の特徴について

法人クレジットカード,審査

法人クレジットカードの審査内容の特徴は法人口座の開設にあります。
最近は、振込み詐欺の多発により、法人口座の開設基準が厳しくなってきています。

 

口座の設立の基準として、

  1. 企業の所在地が口座開設する支店に近いこと
  2. ホームページの出来

があります。

ホームページが判断基準に

法人クレジットカード,審査

ホームページの出来については、意外に思うかもしれませんが、
きちんとした営業をしているかの判断基準に使われるのです。

 

支店の担当者が、実際に企業を訪ねていくよりも、対象企業のホームページを判断し、
機能的にきちんとしたものになっているかの判断を行うのです。

 

振込み詐欺用のバーチャルカンパニーの場合には、
簡易のホームページが多く見受けられるのです。

 

それに、企業の法人登記をして簡易なホームページを立ち上げるのは誰にでもできるからです。
そういう意味で、ホームページがきちんとしているかが判断基準になっているのです。

法人カードは営業上便利

法人クレジットカード,審査

法人口座が設立されて始めて、法人クレジットカードの審査に移ります。

 

法人口座があり、固定電話が設置されていれば、
大抵の場合にはクレジットカードは作れるはずです。

 

実際の融資金額については、企業の財務状況にもよりますが、
企業業績が黒字の企業なら問題なく審査は通りクレジットカードは持てるようになるでしょう。

 

法人のクレジットカードといっても、通常は社長等が使用するものです。
使用する代表者の氏名を忘れずに伝えるようにしておきましょう。

 

出張等で便利な法人名義のクレジットカードがあれば、営業上も何かと便利です。


利便性と維持費と申込性を考慮したおすすめ法人カード

【JCB 法人カード】安心・便利な最初の1枚のカードの特徴

あらゆるビジネスシーンに対応できる!JCB法人カード
本サイトから申込限定! 初年度年会費無料!
次年度も年会費1,250円(税別)と格安!
ETCカードは年会費無料で発行無制限可能!
ポイント還元率も0.5%とトップクラスの高さ!
JCBのポイントプログラム豊富なサービスを利用可能!

[ポイント型][キャッシュバック型]の2種類の還元方法が選べる!
さらにゴールドプラチナカードなら最上級のサービスと信頼!
【期間限定】入会で最大7,000円分もらえるキャンペーン中!!

年会費 1,250円 ※初年度無料
利用限度額 30万〜100万円 (申告内容&利用実績に応じて設定)

三井住友ビジネスカード

【三井住友ビジネスカード】国内外でが利用可能!の特徴

国内外でが利用でき急に現金が必要なときでも持っていて安心!
もれなく最大7,000円分プレゼント新規入会キャンペーン実施中!
【クラシック(一般) カード】
・年会費: 税抜 1,250円+税
・カード利用枠: 原則 10万円〜80万円
【ゴールド カード】
・年会費: 税抜10,000円+税
・カード利用枠: 原則 50万円〜200万円
経費管理資金運用を効率化できるビジネスカード!
海外旅行傷害保険など国内外の出張サポート16種類の特典豊富!
VISAを含む安心・安全・便利な三井住友ブランドビジネスカードです。

年会費 1,250円(税抜) ※年会費割引特典あり
利用限度額 10万円〜80万円(カードショッピング利用枠)

オリコ「エグゼクティブ ゴールド フォービズ アイディー×クイックペイ」の特徴

Visaビジネスオファー付帯の頼もしい一枚!幅広い経費決済にご利用可能!
【 個人事業主】【法人代表者】専用のビジネスゴールドカード!

Visaビジネスオファーで宿泊、レンタカーなどビジネスシーンの各種割引・サービスが充実。!
海外旅行傷害保険(2,000万円)、国内旅行傷害保険(1,000万円)
ショッピングガード(年間最高100万円・免責金額10,000円)
カードの紛失盗難保障付きと各種保険・保障もしっかりと付帯!
・充実したサービスでビジネスライフをサポート!
※ウェルカムキャンペーン実施中!
もれなく最大6,500円分オリコポイントプレゼント中!

年会費 2,000円(税別)※初年度無料
利用限度額 10万円〜300万円 ※審査により決定 【法人代表者用】

法人クレジットカードの審査基準が甘いものと厳しいものと色々ある

法人クレジットカード,審査

こんな声をよく聞きます。

 

「新たに法人クレジットカードに申し込みをしたいのだけど、
審査が厳しいので、なかなか通りません。審査基準が甘いところはありませんか?」

結論から言うと、審査基準はクレジットカード会社によって異なるので、
厳しいところも甘いところもあります。

きちんとした情報収集が大切

法人クレジットカード,審査

見つけ方はクレジットカード審査ランキングなどで探せば出てくると思います。
また、法人カードを比較する時は口コミ情報なども参考にした方がよいでしょう。

 

個人向けカードと法人向けカードだと、内容や審査基準が異なっていることもあります。

 

ネットから情報を得ようとする場合は、やみくもに信じるのではなく、
きちんと情報を把握した上で調べることが大事です。

 

法人用クレジットカードは個人向けカードと比べると、種類が非常に限られてしまいます。

 

その中で自分、または会社で使うのに必要なスペックを兼ね揃えているかを把握するのは、
個人向けカードよりは大変ですね。

 

そんなことより、まずは審査に通らないとどうしようもないので、
審査が緩いという方が優先順位は高いかもしれませんね。

審査基準とスペックのバランスをみる

法人クレジットカード,審査

クレジットカードは審査基準のほかに、

  • 金利
  • 限度額
  • 発行スピード

なども重要項目に入ります。

 

また、法人で使うクレジットカードなので、
ゴールドの方が接待で使う時には効果があったりしますね。

 

他にも、ビザ、マスターカード、JCBが自由に選べるというのはもはや必須条件となります。

 

審査基準とスペックのバランスが難しいかもしれませんが、
丹念に探せば、条件に満たすカードも見つかります。


法人クレジットカードの審査期間の特徴について

法人クレジットカード,審査

ビジネスをするときには色々な支払いがあります。
そのような負担を軽減したいときは法人クレジットカードが便利です。

 

このクレジットカードは法人用のもので、
会社の支払いをする時に色々利用をすることができます。

 

会社でビジネスをする時は社員が、
それぞれをお金のやり取りをするためそれを管理するのが大変です。

 

そのような負担を減らすことができる法人クレジットカードは使いやすく、
特に小規模の業者ほど恩恵を受けやすいです。

 

手続きは個人カードと変わらない

法人クレジットカード,審査

ではこのクレジットカードを利用する時はどうすればいいかというと、
基本的に一般的なカード発行の手続きと変わりません。

 

ただし会社の業績などのデータを提出することになるので、
そのようなことについてはよく考えておく必要があります。

 

 

法人カードは審査に時間がかかる場合も

法人クレジットカード,審査

また法人向けのクレジットカードは審査期間が長い特徴があり、
個人向けに比べるとやや時間がかかります。

 

このような審査はだいたい一月程度の時間がかかりますが、
金融機関によってはもっと短いこともあります。

 

しかし個人向けのように即日発行ができるものではないので、
ある程度は時間がかかるものだと考えておいたほうがいいです。

 

法人クレジットカードは手続きに手間がかかるので、
そのようなことについてもいろいろな対応が必要です。

 

法人向けのクレジットカードは個人向けとは審査の条件が違いますから、
そういう特徴を知っておくことは大事です。

そのような違いを知っておけば問題への対応が可能になりますし、
いい条件でクレジットカードを利用することができます。


法人クレジットカードの審査について 赤字でも作成できる?

法人クレジットカード,審査

法人クレジットカードについても、個人クレジットカードと同じく審査があります。

 

赤字でも作成できる?とは良く聞かれる質問ですが、
イエスかノーで答えることは難しい質問です。

 

そのあたりを説明しましょう。
まず、何のために審査があるのか、ということです。

 

クレジットカード会社にしてみれば、
クレジットカードとは一時的にせよお金を貸し付けることと同じです。

 

きちんと返してくれるのかが一番の関心事であり、心配事であるわけです。

 

この点は個人クレジットカードでも同じことです。
きちんと返してくれそうかどうか、主にその人の収入により判断しています。

完全に不可能ではないが審査は厳しい

法人クレジットカード,審査

法人クレジットカードでもそういう観点で審査が行われます。
違いといえば、一般的に影響が大きいことです。

 

一般論として、個人よりは法人のほうが利用額も大きいです。

 

また、もちろん良くないことですが、
法人の場合、いわゆる隠れ蓑、偽装工作に使われやすいことも挙げられます。

 

実態のないペーパーカンパニーを設立し、
いかにも事業を行っているようにみせるようなものも実際問題としてあります。

 

またそういうものに巻き込まれてはお金だけの問題ではなく、
それこそクレジットカード会社の信用にも関わります。

 

赤字でも作成できる?という質問の答えも、こういう審査の観点から導き出せるでしょう。

 

借金の多い人がクレジットカードを作れますか、と聞くようなもので、
完全に不可能ではないでしょうが、本当に返してもらえるのか?という観点から、審査は厳しくなることは間違いのないところです。


法人クレジットカードの審査で落ちた原因とその対策について

法人クレジットカード,審査

法人クレジットカードの審査で落ちた場合に考えられる原因としては、

  1. 会社としての問題
  2. 代表者の問題

の2つが考えられます。

 

 

会社としての問題とは

法人クレジットカード,審査

まず、会社として問題があるケースで最も多いのは、赤字決算であった場合です。
これは頑張って黒字決算できるまで待つ必要があります。

 

次に、決算は黒字であったにもかかわらず審査で落ちたケースです。
このケースで考えられる原因としては設立年数があまりにも短い場合です。

 

通常のボーダーラインは設立後3年となりますので、
3年経過してない場合にはしばらく待つことになります。

代表者の問題とは

法人クレジットカード,審査

そして、黒字決算で会社設立後3年が経過しているにもかかわらず審査で落ちた場合には、
代表者個人のステータスに問題があることが考えられます。

 

よくあるケースでは、代表者が過去に債務整理をしており、
その記録が個人信用情報に残っているケースです。

 

債務整理の内容にもよりますが、
自己破産や個人再生の場合には官報の記録が10年保管されますので、
基本的には5〜10年以上経過していないと審査に通るのは難しくなります。

審査に落ちた場合の対策

法人クレジットカード,審査

このように法人クレジットカードの審査で落ちた原因はいろいろありますが、
その対策としては打てるものと打てないものがあります。

 

ただし、もう一つの対策として、
クレジットカード会社を変えていくという方法もあります。

 

 

審査内容は、クレジットカード会社によって大きく異なります。
例えば、黒字決算であれば設立後1年でも審査を通すところもあるのです。

 

特に、海外のクレジットカード会社の場合には、
過去の履歴よりも現在の返済能力を重視するケースが多くあります。


法人クレジットカードの審査をスムーズに通過するために必要なこと

法人クレジットカード,審査

法人クレジットカードというと、
審査が厳しく設立間もない会社の場合には作れないと思われています。

 

実際には審査にスムーズに通過するために必要なこととはどのようなことなのでしょうか。

 

まず、法人クレジットカードの審査の基準となるのは、

  1. 会社のステータス
  2. 代表者個人のステータス

の2つとなります。
つまりは、この2つとも問題なければカードが発行できるということです。

会社のステータスとは

法人クレジットカード,審査

会社のステータスとは、設立年数と決算内容がポイントとなります。

設立年数

設立年数については、
基本的には3年経過というのが一つのボーダーラインとなります。

 

3年継続して会社を運営していれば、それなりの体力もあるという判断がなされるのです。
もちろん、年数が長ければよいというものではなく、あくまで一つの基準です。

決算内容

次に、決算内容が黒字であるかどうかというポイントです。
クレジットカード会社が最も怖いのは未回収ということですから、黒字であればその可能性は低くなるということです。

代表者のステータスとは

法人クレジットカード,審査

この設立年数と黒字決算という問題をクリアしたうえで、
次に審査をスムーズに通過するために必要なことが代表者個人のステータスです。

 

申し込みは法人名であっても実際に契約するのは代表者個人ですから、
代表者のこれまでのクレジット履歴は非常に重要なポイントとなります。

 

代表者が過去の一定期間に債務整理などをしている場合には、審査の通過は難しくなります。
また、逆にステータスの高いクレジットカードの利用者である場合には審査に通過しやすくなります。


「法人クレジットカードの審査の現状|法人カードの審査基準を把握」関連情報